本文へスキップ

千代春画廊は○○○○○○○○を専門とする○○○○○○○○なショップです。

笹 本 正 明topics

タブロー作品

2008年に描かれた作品
マテェーラ  227.3×181.8cm(150号) 院展出品作
c
葬送の鳥  120.0×300.0cm(120×60p 5枚組)
葬送の鳥の鳥  部分OHARU
c
2010年に描かれた作品・・
彼 岸 へ    162.2×162.2cm(100号S)
CHIYOHAR
山羊来迎図   金屏風・六曲一双・右双
山羊来迎図  部分
山羊来迎図   金屏風・六曲一双・左双
CHIYOHARU
2011年に描かれた作品・・
暁の出航      53.0×72.7cm
CHIYOHARU
花 神    100.0×49.5cm
CHIYOHARU
FUGEN      91.0×91.0cm
CHIYOHARU
2013年に描かれた作品・・
小さな星の上で          31.8×41.0cm
CHIYOHARU
 
さかなこたち       30.0×50.0p
CHIYOHARU
季節の片隅       18.0×18.0p
CHIYOHARU
冬ごもり      41.0×41.0p
CHIYOHARU
2014年に描かれた作品・・
咲  子        53.0×36.0p
CHIYOHARU
楽  園        53.0×36.0p
CHIYOHARU
レディバード       41.0×41.0p
CHIYOHARU
笹本正明作品
笹本作品はキャンバス・雁皮紙・岩彩を用いて描いています
2008年以前はキャンバスへ直に岩彩で描いていた為、質感は
強く一般的に観る日本画というより壁画を思わせる肌合いで
す そして2010年以降は雁皮紙(上質和紙)をキャンバスに貼
り込み描いている為以前より日本画独特の繊細な線が駆使
されています  笹本正明芸術の変遷をご覧下さい
CHIYOHARU
笹本正明芸術の変遷
以下の作品はコレクター所蔵品です 変遷をご覧ください
龍と妖精の調べ   181.8×227.3cm(院展出品作品)
CHIYOHARU
 
 羽 化  145.5×75・0cm(春の院展出品作)
 
ララ・クロニクル    53.0×53.0cm
CHIYOHARU
鉄器時代     45.5×53.0cm
CHIYOHARU
花 と 華     33.3×33.3cm
笹本正明の世界
笹本が描く作品には常に物語が有ります
しかし描いてきた作品一点一点には物語としての関連性は
無く 数年間 描いてきた作品一点一点を線で繋ぎ合わせて
作家自身が創作する一つの物語が生まれます
,そして「SAKIKO」の物語りが生まれました 物語は銅版画集
のページで紹介いたします
※ お問い合わせ・資料請求はこちらから.

※ 当画廊のホームページへリンクします